FC2ブログ

テーマは環境回復 - 私が体験した事・聞いた事・知ってもらいたい と感じた事を回想録風に書いております。 心臓震盪予防用具の野球・ソフトボール用胸部保護パッドにつきましてコメントしました。

プロフィール

チャナム

Author:チャナム
『より良い物をお手元に環境回復に尽くします』をコンセプトに韓国を主にアジアの良い物を発掘し紹介しております。

ご案内

最近の記事

FC2ブログランキング

ご質問はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最近のコメント

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

日本高等学校野球連盟は、9月12日に開いた常任理事会で、先に大阪府・PL学園高校野球部の練習に参加した中等部の生徒がボール回しの球を胸に受け死亡した事故に関し、別紙の安全対策3項目について同日付けで都道府県高等学校野球連盟を通じて加盟校に通知した。

の通知文が同連盟ホームページにアップされておりました。

http://www.jhbf.or.jp/topics/
スポンサーサイト



更新日時:2007/09/26 18:16
りょうすけ君


転載記事

一人の野球少年が、「生きたい!」と願い助けを求めています!!

千葉県富津市在住の金子亮祐君(10歳、小学5年生)は、『川崎病後急性心筋梗塞による重症心不全』という病状で入院治療中です。

 平成18年5月に9歳で川崎病を発症し、同12月に後遺症により心筋梗塞を起こしました。カテーテル施術により開通したものの心筋のダメージが広範囲におよんだ為、心機能が弱まった状態が続き、君津中央病院、その後千葉大学医学部付属病院にて強心剤の点滴等による内科的治療をしてきました。しかし、平成19年3月に心不全の症状が悪化した為、東京大学医学部付属病院に搬送され補助人工心臓を装着しました。装着後も心機能の改善は見られず、残された道は心臓移植しかありません。しかし、国内では15歳未満の臓器提供が認められておらず、また、補助人工心臓を装着している間に感染や血栓の発生などの恐れもあり、早期の移植を実現するには海外での移植手術に頼るしかない状況です。

 病院の先生方のご尽力により、米国のUCLA病院で受け入れていただけることになりましたが、海外では保険が使えないため、渡航費用・心臓移植手術費用・滞在治療費等で約1億2800万円という膨大な費用がかかります。そこで私たちは、亮祐君の命を助けるために『りょうすけ君を救う会』を結成し、募金活動をすることに致しました。「早く学校に行きたい、野球がやりたい」という亮祐君の願いを叶えるため一日も早く米国での心臓移植が受けられますよう、皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

「りょうすけ君を救う会」HPより抜粋

ホームページはこちら「りょうすけ君を救う会」
http://www.geocities.jp/kanekoke1102/index.html
更新日時:2007/09/22 17:24
9月17日22時7分配信 毎日新聞


 17日午前11時半ごろ、長崎県諫早市森山町の森山グラウンドであった少年ソフトボール大会高学年の部で、打席に立った市内の小学6年の男子児童(11)が胸に死球を受け、一塁に向かおうと約10メートル走ったところで突然倒れた。心肺停止状態になったが、隣のグラウンドに偶然いた小浜消防署(同県雲仙市)の男性救急救命士(35)と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施し、回復に向かっている。
 救急救命士は低学年の部の試合に出場していた児童の保護者。隣のグラウンドで男児が倒れているのを知って駆けつけ、人工呼吸と心臓マッサージをした。近くには別の児童の保護者である看護師2人もおり、3人が交代で9分間マッサージをした。
 救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生した。男児はドクターヘリで同県大村市の長崎医療センターに搬送された。
 県央消防本部(諫早市)によると、心臓マッサージなどがなければ、蘇生は難しく「適切な蘇生措置ができたので、AEDで心肺が回復できた好例」としている。
 この救急救命士は「1人でのマッサージは2分が限度で、看護師さんの応援がありがたかった。何より男児の命を救えたのがうれしい」と話している。
更新日時:2007/09/20 17:32
日本高野連は12日、常任理事会を開き、PL学園(大阪)の練習に参加していたPL学園中の野球部員が、送球を受けて死亡した事故を受け、各都道府県連盟、加盟校に「中学生の練習参加に対する安全対策について」と題する文書の送付を決めた。内容は(1)自動体外式除細動器(AED)を使った救急処置講習会受講のお願い(2)AED設置場所の確認(3)練習に参加する場合に胸部保護パッド着用の奨励-など。
更新日時:2007/09/13 18:54
胸に硬球受け、中3死亡 PL学園野球部

朝日新聞記事より

1日午後2時半ごろ、大阪府富田林市新堂のPL学園高校野球グラウンドで、高校生に交じって硬式野球の練習をしていたPL学園中学3年の軟式野球部員、熊谷雄飛(ゆうひ)君(15)が硬球を捕ろうとして、胸付近に球が当たった。同市内の病院に搬送されたが、約7時間後に死亡した。熊谷君はこの日、硬式野球部の練習に初めて参加していた。

 富田林署の調べでは、熊谷君は送球練習で二塁付近にいて、三塁付近から高校1年の部員が投げた硬球を捕ろうとした際、受け損なった球が胸付近を直撃した。転がった球を拾って一塁に送球した後、前のめりに倒れたという。

 現場近くに居合わせたトレーナーが心臓マッサージを施す一方、練習を指導していた同高校硬式野球部の藤原弘介監督が携帯電話で119番し、市内の病院に搬送された。この日の練習には、高校生46人と中学生3人が参加していたという。

 グラウンドには、心臓に電気ショックを与えて救命措置を施すAED(自動体外式除細動器)はなく、約1キロ離れた体育館に副部長が車で取りに行ったが、戻った時には救急車が到着していたという。4月には大阪府岸和田市の飛翔館高校グラウンドで、試合中に打球が投手を直撃したが、AEDによる処置などで一命を取り留めた。

 日本高校野球連盟によると、中高一貫校の生徒の場合、高校3年生が引退した後の新チームの練習に、中学時代の最後の公式戦を終えた3年生が参加しても差し支えないという。

 PL学園高校の高木文三・野球部長によると、熊谷君はPL野球部でのプレーを希望して、4月に岩手県陸前高田市から転校。寮生活を送っていた。「ご両親の気持ちを考えると、大変申し訳なく思う。何が問題だったか、校長も含めて学内で協議したい」と話した。
更新日時:2007/09/04 01:13

お奨め

心臓震盪での死に至る危険性を低減する用具

野球用胸部保護パッド

フケ解消の天然植物性シャンプー※色素・界面活性剤・気泡剤等不使用 ☆医者から見放されたグラグラの歯を治した歯磨☆☆歯茎の腫れと痛み解消☆
My Yahoo!に追加
Add to Google
SEO対策:コスメ :シャンプー

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

Copyright(C) 2006 テーマは環境回復 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.